IIS 7.0 - SNS

OpenPNEのインストール

64bit版 IIS7.0 へのOpenPNEのインストールの説明です。

?

1.プログラムのダウンロード

OpenPNEの配布サイトから、アーカイブファイルをダウンロードします。

http://www.openpne.jp/pne-downloads/

上記URLの最新安定版ファイルのダウンロードを行います。

2.プログラムファイルの配置

ダウンロードしたファイルを解凍します。
解凍して出来たフォルダのpublic_htmlを公開ディレクトリにするので、任意の場所に配置します。

3.IISへの設置方法

配置したディレクトリのpublic_html(他のものとちょっと違います)を
仮想ディレクトリに設定します。(例:/openpne)

仮想ディレクトリの「規定のドキュメント」の先頭をindex.phpに設定します。
これでパスなしでアクセスがあった時に、openpneトップが自動的に呼び出されます。?

4.MySQLへの設定

MySQLにopenpne用のデータベースを作成します。(他のOSSと共有でもかまいません)
今回はopenpne用にopenpnedbというデータベースを作成しました。

mysql -uroot -p[管理者パスワード] -e "create database openpnedb"

作成したデータベースに必要なデータをインストールします。

mysql -uroot -p[管理者パスワード] openpnedb?mysql -uroot -p[管理者パスワード] openpnedb?< setup\sql\mysql41\install\install-2.12-insert_data.sql?

5.初期設定

OpenPNEのルートディレクトリ内にある config.php.sample をコピーして、config.phpとリネームし、
config.php の中の下記部分を編集します。

最初にこのシステムが動作するドメイン名を設定します。

define('OPENPNE_URL', 'http://[このシステムのドメイン名]/[設定した仮想ディレクトリ名]/');

次にデータベースの設定を行います。

$GLOBALS['_OPENPNE_DSN_LIST']['main'] = array(
'dsn'? => array(
??? 'phptype'? => 'mysql',
??? 'username' => '', → DBユーザ名を設定
??? 'password' => '', → DBパスワードを設定
??? 'hostspec' => 'localhost',
??? 'database' => '', → データベース名を設定
??? 'new_link' => false,
??? ),
);

次に暗号化キーとメールドメインを設定します。

define(’ENCRYPT_KEY’, ‘aiSw234rjdFh)wth;GOF’);
define(’MAIL_SERVER_DOMAIN’, ‘mail.example.com’);

その後設定した仮想ディレクトリにアクセスします。
例:仮想ディレクトリ を/openpneとした場合
http:/localhost/openpne/ へアクセスします。?

インストール画面が表示されますので、指示に従って設定していきます。

6.動作確認

もう一度仮想ディレクトリTOPにアクセスすると、今度はOpenPNEトップ画面が表示されます。

?