Sendmaneのインストール

SendMail互換のSendmaneのインストール方法の説明です。

?

1.プログラムのダウンロード

Sendmaneの配布サイトから、アーカイブファイルをダウンロードします。

http://xoops.hypweb.net/modules/mydownloads/singlefile.php?cid=1&lid=1

上記URL「sendまね?る (1.00) zip」をクリックすると、ファイルのダウンロードが始まります。

?

2.プログラムファイルの配置

ダウンロードしたファイルを解凍します。

解凍して出来たフォルダをCGIへのSendmailパスにするので、任意の場所に配置します。

?

3.Sendmaneの初期設定方法

コマンドプロンプトを起動し、Sendmaneを配置したディレクトリに移動します。

sendmane.exeを実行すると、SMTPサーバ設定の入力を促されるので、指示に従って入力します。

【コマンド入力の例】
C:\Tools\sendm>sendmane

SMTPサーバのアドレス?(IPを奨励)
[]:smtp.domein.com

SMTPポート番号?(通常は25)
[25]:
※プロバイダ仕様によりサブミッションポートを使う場合は「587」を設定する。

送信者のメールアドレス?
[]: このメールアドレスはスパムロボットから保護されています。見るためにはJavascriptを有効にする必要があります

送信者の名前?
[]:Giorno Giovanna

SMTP認証の使用 Yes=1 No=0 ?
[0]:1

SMTP認証のユーザー名?
[]:userid

SMTP認証のパスワード?
[]:password

POP before SMTPの使用 Yes=1 No=0 ?
[0]:1

POP3サーバのアドレス?(IPを奨励)
[]:pop.domein.com

POP3サーバのポート番号?(通常は110)
[110]:

POP3サーバのユーザー名?
[]:userid

POP3サーバのパスワード?
[]:password

日本語文字コード変換の使用 Yes=1 No=0 ?
[0]:0

最後まで入力を終えると、sendmane.iniが作成されます。

?

4.Sendmaneの動作確認方法

sendmaneにはテストメール送信用のファイルが同梱されていますので簡単にメール送信テストが行えます。

【コマンド入力の例】
C:\Tools\sendm>type sendtest.txt | sendmane [受信出来るメールアドレス]

このコマンドを実行すると、正しく設定されている場合、指定した受信出来るメールアドレス宛にテストメールが届きます。