IIS 7.0 - Calendar

WebCalendar のインストール

64bit版 IIS7.0 へのWebCalendar のインストールの説明です。

?

1.プログラムのダウンロード

WebCalendarの配布サイトから、アーカイブファイルをダウンロードします。

http://www.k5n.us/webcalendar.php?topic=Download

上記URLの「Download WebCalendar-1.2.0.zip」をクリックすると、sourceforge.jpへ遷移し、
「Download WebCalendar」をクリックすると、ファイルのダウンロードが始まります。

2.プログラムファイルの配置

ダウンロードしたファイルを解凍します。
解凍して出来たフォルダを公開ディレクトリにするので、任意の場所に配置

3.IISへの設置方法

配置したディレクトリを仮想ディレクトリに設定します。(例:/webcalendar)

仮想ディレクトリの「規定のドキュメント」の先頭をindex.phpに設定します。
これでパスなしでアクセスがあった時に、WebCalendarトップが自動的に呼び出されます。

4.MySQLへの設定

MySQLにWebCalendar用のデータベースを作成します。(他のOSSと共有でもかまいません)
今回はWebCalendar用にwebcalenderdbというデータベースを作成しました。

mysql -uroot -p[管理者パスワード] -e "create database webcalenderdb"

5.初期設定

設定した仮想ディレクトリにアクセスします。
例:仮想ディレクトリ を/webcalendarとした場合
http:/localhost/webcalendar/install/ へアクセスします。

インストール画面が表示されますので、指示に従って設定していきます。

PHPの設定内容が表示され、WebCalenderが実行可能であるか確認出来ます。
また管理者ID、パスワードを設定する必要があるので、入力を行います。
setting

続いてデータベース情報の設定を行います。
始めは設定の確認が出来ていませんと出ますが、設定を行ったあと「設定テスト」を行います。
dbsetting

設定テストを行い、問題ない事を確認します。
test

設定テスト完了後、次にデータベースへのデータインストールに進みます。
「データベースをインストールする」ボタンを押下する事で、データをインストールする事が出来ます。
install

最後にwebcalenderのタイトル、URL、認証方法を設定します。
また始めは管理者ユーザが存在しないので、「標準の管理者アカウントを作成する」に
チェックを入れ、「設定を保存をする」ボタンを押下します。
sitesetting

管理者ユーザが作成されると、WebCalenderを起動出来るようになります。
「WebCalenderを起動する」ボタンを押下します。
final

6.動作確認

ログイン画面(login.php)にアクセスし、管理者ID、パスワードでログインします。
login

カレンダーが表示されるので、任意の日付の+マークをクリックします。
calen

エントリの内容を入力し、保存します。
entry

WebCalendarトップ画面に戻り、エントリが表示されます。

webcalender